ぶどう畑通信「芽かき講習会」/大久農園

芽かき講習会を行いました

本日大久農園にて、栽培アドバイザー佐藤氏をお招きし芽かき講習会を行いました。

「芽かき」とは、余分な芽を欠いて、栄養の分散と、日当たり・風通しを良くし、病気になりやすい環境をつくらないなどのために行う作業です。

この芽かき作業は、今年の収穫にも影響しますし、来年以降の樹形にも影響するとても大事な作業です。

大久圃場で栽培している品種は「シラー」「メルロー」「マスカットベーリーA」「ピノ・ノワール」「カベルネ・ソーヴィニヨン」「ヤマ・ソーヴィニヨン」の6品種ですが、みなそれぞれ特徴も違えば成長速度も違うので、1本1本大変悩まされます。

スタッフ皆、いいぶどうが収穫できるよう、一生懸命学びました。

果たして今年の収穫はどうなるか!楽しみですね。